ドローンの法律

国土交通省 無人航空機登録ポータルサイトはこちら↓

【無人航空機】ドローンNAVIドットコム 2022年06月29日 (水)

スポンサーリンク

 

Amazonプライム無料体験

 

ドローンニュースDrone News 2022

 

2022年06月28日 (火)

T-KIDSシェアスクールは、ドローンを使ったイベントを7月17日から柏の葉蔦屋書店で夏の恒例イベントの「あそまなび大作戦」を開催予定です

 

T-KIDSシェアスクール、7月17日から柏の葉蔦屋書店で夏の定例イベント「あそまなび大作戦」をオープン T-KIDS株式会社は、7月17日から8月28日の夏のお休み期間中、柏の葉蔦屋書店で夏季の恒例イベント「あそまなび大作戦」を実施する。

 

このイベントは、たくさんの課題を「あそびながら学ぶ」ことで、学校では得られない「ワクワクからの学び」を実現するという。DNAを抜き出す科学実験や、プロフェショナルの魔術師による魔術体験、活躍中のバカロレア講師によるイングリッシュアート、エキスパートによる昆虫標本づくりなど、それの道のプロから学習できる36種類以上のイベントやワークショップを経験できるとしている。

 

ピックアップイベントでは、ドローン制作やコントロール体験のほか、花火づくりワークショップなどが行なわれる。

 

 

 

開催日:2022年7月17日?8月28日

 

場所:T-KIDSシェアスクール柏の葉(千葉県柏市若柴227-1 柏の葉T-SITE2F)

 

対象年齢:3歳から中学生まで

 

 

2022年06月24日 (金)

ウクライナ北東部に於いて、ロシアは自国から自爆ドローン(無人航空機)の越境攻撃を開始しました

 

ウクライナ軍当局者はは22日、ロシア軍は自国内部からウクライナ北東部スーミ州への越境爆撃に自爆型のドローン(無人機)を展開していると報じた。

 

本携行式のドローンは弾頭を装備し、着弾時にさく裂する。コンパクトで使い切りとなっており、発射時に乗せたカメラと全地球測位システム(GPS)を活用して近くの敵の標的を明確にし、コマンドを受けて突っ込む。 クラスノピリヤ町は迫撃砲の爆撃を4度受け、このドローンの来襲も繰り返しあったとした。けが人が4人出たという。

 

自爆ドローン関しては米国のバイデン政権もウクライナへの多量サプライに乗り出した。ウクライナも米国に支給を求めた武器のリストの中にこのドローンを入れていた。

 

2022年06月22日 (水)

DJIは、無人航空機 登録義務化に伴うリモートID対応機種の対応計画 を発表しました

 

DJI JAPAN 株式会社は、2022年6月20日よりスタートした無人航空機の登録義務化により、国内向けに取り扱っている一部機種に関し、ファームウェアアップデートによる内蔵リモートID機能対応をスタートいたします。

一般向けドローン DJI Mini 3 Pro、DJI Mavic 3、DJI Mavic 3 Cine、DJI Mini 2、DJI Air 2S
業務用ドローン Matrice 300 RTK、DJI Matrice 30、DJI Matrice 30T
農業用ドローン AGRAS T30、AGRAS T10

 

2022年06月21日 (火)

Skydio製品は、リモートID機能を搭載しドローン(無人航空機)の登録義務化に対応 しました

 

AIによる自律フライトテクノロジー上の世界的リーダーであるSkydio合同会社(東京都港区)は、国内で取り扱う機体においてリモートID機能を載せたことをお伝えいたします。このたび加えたリモートID機能は、2022年6月20日からスタートした無人航空機の登録義務化に対応します。クライアント側で機体およびアプリのファームウェアアップデート完了後に登録プロセスを行っていただきコンプリートとなります。

 

 

2022年06月20日 (月)

国土交通省はドローン(無人航空機)の登録義務の受付けをスタートしました。法を犯した者には懲役か罰金が課せられます。

ドローン(無人航空機)(無人航空機)など無人航空機のオーナーに登録を義務づける制度が20日、スタートした。電源を含め重さ100グラム以上が対象。アクシデントやトラブルの場合、所有者をスピーディーにクリアにする思惑。無登録の飛行を禁じ、違反した人には1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。

 

国土交通省によれば、17日時点で約21万件の事前登録があった。  ドローン(無人航空機)は撮影や測量、農薬散布など活用先が拡大している。それとは反対に、2021年度は86件の事故、トラブルが国交省に報告されており、安全対策を拡充させる。  人口集中地区での飛行など航空法に基づいた規制対象も20日、従来の200グラム以上から、100グラム以上に広がった。

 

 

 

2022年06月17日 (金)

共同印刷とイームズロボティクスはドローン(無人航空機)飛行情報確認ユニットを協力し作製する予定です

 

2022年6月15日、共同印刷は、イームズロボティクスとドローン(無人航空機)飛行情報確認システムを共同作成したことを公表した。8月中にこのユニットのサプライし始めるスケジュールである。この頃はドローンによる無許可飛行や利用禁止区域の飛行事案が度々起きている。こういったあり方から、2022年6月より改正航空法を基にドローン(無人航空機)の登録が義務化される。

 

機体はIDを表示・送信するように定められ、セッティングされていないドローンを飛ばすことは禁止される。このことより、国土交通省が謳う「事故発生時における所有者の把握」「事故の原因究明や安全確保」「安全上問題のある機体登録を拒否することによる安全の確保」が期待できる。共同印刷は、情報安全体制を活かして機体から発信されるIDをビジュアル化、記録することでデータを管理し、空の危険防止をアシストするシステムづくりを志すとしている。

 

 

2022年06月16日 (木)

千葉県警察は、男性をドローンで撮影・投稿の疑いで 会社員を逮捕 しました

 

ネットを介して知り合いになった男性が家で日々を過ごしている様子をドローンで何度も収録し、SNSに載せたとして29歳の男のサラリーマンが千葉県警に捕まりました。 捕まったのは長野県松本市の会社員、國松優樹容疑者(29)です。

 

警察署によれば、被疑者は、新潟県に住む30代の男性が家で過ごしている姿をドローンなどの方法で撮影し、映像をWEBやSNSに載せたとして、新潟県の迷惑防止条例違反の疑惑が持たれています。撮影は一昨年1月から昨年5月にに亘ってあわせて69回に上り、映像は「監視している」という意味の書き込みとともに投稿されたということなのです。

 

千葉県警は迷惑行為などを規制するためWEB上のパトロールをしていたら、書き込みを見つけ、捜査を行なっていました。調べ上げに対し「違いありません」と嫌疑を受入れているということであります。2人はネットで知り合いになったということで、警察は細かい事実関係を調べています。

 

 

2022年06月15日 (水)

米Amazonはカリフォルニア州でドローン(無人航空機)の配送実験を開始しました

 

アマゾンはアメリカ時間6月13日、物流システム「Amazon Prime Air」の実証実験をアメリカ合衆国カリフォルニア州ロックフォードで行うと言明した。  ロックフォードは、サクラメントの南に位置している小さい町。アマゾンは、米連邦航空局(FAA)及びロックフォードの地元当局とチームを組んで、このエリアでのドローンフライトの認可を得た。  

 

アマゾン Prime Airのドローン(無人航空機)は、検知および回避の仕組みを利用してフライトの安全性をキープすることで、他の飛行機、人間、ペットなどのバリアーを100パーセント避けることが出来るという。  このシステムのサプライが始まると、ロックフォードに住むアマゾンユーザーは、Prime Airを対象にした品物をWEBで注文し、ドローン(無人航空機)が宅配してくれるようになる。

 

ドローン(無人航空機)は目標地点までフライトし、お客さまの裏庭で高度を下ろしてセーフティーな高さから積み荷を降ろしたのち、飛んでいく。  同社は長期に亘って従前よりドローン研究を継続してきており、2020年にはFAAからドローン搬送の承認を得たが、同翌年には一旦計画を縮小していた。 これのニュースは外国Red Ventures発のニュースを朝日インタラクティブが日本を対象に再構成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ動画!農業ドローン、農業ラジコンボート