ドローンNAVIドットコム(操縦とモードについて)

広告

ドローンの操縦、モードの違いについて

 

ドローンを飛行させるためには、プロポ(送信機)による遠隔操縦方式とコンピュータ等による自動操縦の飛行方式との2つの方式があります。
また、両方、どちらでも飛行を行える機体もあります。

 

ここでは、プロポによって行う操縦方式について解説します。

 

drone-navi.com

 

 

以下のプロポの図をご覧ください。

2つのプロポ操作の方法がありまして、モード1モード2と言われる方法があります。
どちらにも長所、短所がありますが、先に結論を言いますと、どちらでもOKです。
ただし、どちらかに慣れてしまうと後から変更することは大変ですので前もってどちらかに決めておきましょう。

 

drone-navi.com

モード1の長所
古くから日本のラジコンマニアが採用してきたモードです。
よって、ラジコンやドローンの操縦のベテランが多くいて、もし、初心者の方がドローン操縦を教えて貰う様な時には便利です。
ラジコンヘリコプターの世界選手権では、日本人がこのモードで幾度も優勝しています。
また、産業用のヘリコプターやドローンでは、ほとんどモード1となっています。
※(一社)農林水産航空協会が認定している機体ではモード1と決まっています。

 

モード1の短所
右側のレバーが「上昇・下降」、「左右移動」の操縦であるため慣れるまで直感的な操作が行いづらい。
外国に行くとモード2がほとんどである為、外国では不便かも

 

drone-navi.com

モード2の長所
右側レバーのみで前後、左右の動きを操縦できるので直感的な操縦ができる。

 

モード2の短所
日本人では、少数派なので他の人に教えてらう時には先生を見つけずらい。
産業用のヘリやドローンでは操縦できない機体が有る。

 

私の経験では、有人の航空機パイロットの方は、モード2で操縦を行う人が多いです。
また、最近のドローンブームから始められた方も、モード2で操縦する人が増えてきました。
昔から、ラジコン飛行機やヘリを飛ばしてきた方は、モード1が多いです。

drone-navi.com

結論
先にも書いたように、プロポのモードは、どちらでも良いと思います。
それよりも、十二分に操縦練習を行ってとっさの場合でも間違えのない冷静な操縦が出来るようにしておいてください。

 

モードの違いは、言語の違いのようだと考えます。
たとえば、日本語と英語、どちらが良い言語であると簡単には結論を出せないでしょう。

 

操縦に十分慣れてしまうと意識しなくても手が勝手に反応してしまうので、どちらのモードでも変わらなくなります。

広告



このサイトのトップページへ